趣味を持つことはいいこと

趣味を持つことはいいことですよね。ある人は、学生時代からずっとスポーツを続けていると言っていました。今までは部活動でただ毎日練習するだけでしたが、大会に出場できるほどになったのです。社会人になってからは、練習や大会の出場回数は減ったものの趣味の一つとして続けています。趣味の中でもスポーツは楽しむため、息抜きのためや本気で挑戦するためなど理由は様々です。ある人は、子どもが大きくなってから趣味でスポーツをするようになりました。友達と一緒に参加して地域の大会に出場していました。私は趣味を持っていないので趣味を持っている人がとてもうらやましいです。なぜなら私には趣味と言えるほど力を入れて取り組むものがないからです。趣味ではありませんが、食べることが好きです。舌を超えているわけではないので高級食材と手頃な価格で手に入る食材の違いはわからないですが、食べたいものを食べるためにはどこまでもいくという食べ物に対する執着心があります。例えば、アイスクリーム一つでも食べたいと思ったら買いに行ったり、今日はオムライスの気分となるとお店を探して食べに行きます。これは趣味とは違うので、趣味を見つけて自分に誇れるもの、プラスになることを行いたいです。共通の趣味で友達の輪も広がりますし、いいことがたくさんあります。最近は、知り合いにソフトバレーの練習に連れて行ってもらっています。一緒に参加させてもらって難しいと思いましたが、できるようになったらもっと楽しめるのではないかと思い続けてみることにしました。初心者の私に対して親切に教えてくれるのでその方々に少しでもついていけるように努力したいです。誰かに追いつきたいという気持ちがあれば趣味を自分にとって誇れるものまでにあげることができるかもしれませんね。まだまだたくさん経験することがあるのでゆっくり趣味を探したいと思います。